tpf2-tpnetmap-toolkit

TransportFever2 のワールドデータから svg のマップ画像を作成するツールキットです。

サンプル画像

1. 導入方法

(1) Release ページ から zip ファイルをダウンロードします。

(2) ダウンロードした zip ファイルを適当な場所に展開します。

(3) nosrith_tpnetmap_export_1 フォルダを TpF2 の MOD フォルダに移動します。

2. 使い方

このツールキットは次の3つのツールで構成されています。

hillshade: ハイトマップから陰影起伏図を作成します。マップ画像の背景として使用します。背景画像を別に用意している場合、または背景画像を使わない場合は不要です。

TpNetMap Export (nosrith_tpnetmap_export_1): ゲーム中のマップデータをファイルに書き出します。TpF2のMODとして動作します。

tpnetmap: ファイルに書き出されたマップデータをもとにマップ画像を作成します。

2.1. hillshade

(1) ハイトマップの画像ファイルを用意し、data フォルダの下に heightmap.png として配置します。画像ファイルのパスを設定ファイルの imagePath で指定することもできます。

(2) 設定ファイル hillshade_settings.yaml を編集します。minHeightmaxHeight(ゲーム内の標高の最小値と最大値)はマップごとに設定が必要です。

(3) hillshade.exe を実行します。data フォルダの下に陰影起伏図の画像ファイル hillshade.png が出力されます。出力先のパスを設定ファイルの outPath で指定することもできます。

2.2. TpNetMap Export

(1) マップのロード時に TpNetMap Export の MOD を有効にします。

(2) ロード後、下メニューに表示される TpNetMap Export ボタンをクリックします。TransportFever2.exe のあるフォルダにマップデータファイル map.yaml が出力されます。

2.3. tpnetmap

(1) マップデータファイル map.yamldata フォルダの下に配置します。ファイルのパスを設定ファイルの mapPath で指定することもできます。

(2) 設定ファイル tpnetmap_settings.yaml を編集します。背景画像のパスは backgroundPath で指定できます。

(3) tpnetmap.exe を実行します。data フォルダの下にマップ画像ファイル map.svg が出力されます。出力先のパスを設定ファイルの outPath で指定することもできます。

GitHub

View Github