data-interface-for-salesforce-price-bulk-get

概要

data-interface-for-salesforce-price-bulk-get は、salesforce の価格オブジェクト取得に必要なデータの整形、および作成時に salesforce から返ってきた response の MySQL への格納をバルク単位で行うマイクロサービスです。

動作環境

data-interface-for-salesforce-price-bulk-get は、aion-coreのプラットフォーム上での動作を前提としています。
使用する際は、事前に下記の通りAIONの動作環境を用意してください。

・OS: Linux OS
・CPU: ARM/AMD/Intel
・Kubernetes
・AION のリソース

セットアップ

以下のコマンドを実行して、docker imageを作成してください。

$ cd /path/to/data-interface-for-salesforce-price-bulk-get
$ make docker-build

起動方法

以下のコマンドを実行して、podを立ち上げてください。

$ cd /path/to/data-interface-for-salesforce-price-bulk-get
$ kubectl apply -f data-interface-for-salesforce-price-bulk-get.yaml

kanban との通信

kanban(ui-backend) から受信するデータ

kanban から受信する metadata に下記の情報を含む必要があります。

key value
method get
object PriceRelatedList
connection_type request

具体例:

# metadata (map[string]interface{}) の中身

"method": "get"
"object": "PriceRelatedList"
"connection_type": "request"

kanban に送信するデータ

kanban に送信する metadata は下記の情報を含みます。

key type description
method string get
object string PriceMasterList/PriceRecordList
connection_key string price_bulk_get

具体例:

# metadata (map[string]interface{}) の中身

"method": "get"
"object": "PriceMasterList"
"connection_key": "price_bulk_get"

kanban(salesforce-api-kube) から受信するデータ

kanban からの受信可能データは下記の形式です

PriceMaster/PriceRecord

kanban から受信する metadata に下記の情報を含む必要があります。

key value
key 文字列 “PriceMasterList”/”PriceRecordList” を指定
content PriceMaster/PriceRecord の詳細情報を含む JSON 配列
connection_type response

具体例:

# metadata (map[string]interface{}) の中身

"key": "PriceMasterList"
"content": "[{xxxxxxxxxxx}]"
"connection_type": "response"

GitHub

View Github