aite9 (port close check scanner)

サーバのポートが空いてないことを確認するポートスキャナー
たくさんのサーバを管理していると設定ミスで内部利用ポートが外部に公開されてしまっている可能性があり、それに早く気付くためのチェックツールです。
サーバのリストを標準入力で渡すと、指定のポートをスキャンして空いてないかチェックします。

ポートが空いているのを検知するとエラー出力して終了ステータスは1以上で終わります。
オプションでエラーが起こった場合にslack通知します。

Port scanner to make sure the server port is close.
If it detects open ports, an error will be output and the exit status will end with 1 or higher.
Optional: slack notification if it get errors.

Usage

go run command.

serverlist.txtを標準入力から渡して複数サーバをスキャンします。
serverlist.txtは1行1サーバの改行区切りで、コメントは#を用います。
DNSで名前解決できないサーバの場合はスキャンをスキップします(エラーにはなりません)。

go run aite9.go -tcp 22,25,3306  < serverlist.txt

options

silent mode option

-mode silent no message to stdout. only output error messages to stderr.

go run aite9.go -tcp 22,25,3306 -mode silent < serverlist.txt

Results

Return status code 0 if there is no problem.
Return status code 1 or higher with error message if there there are problems.

Slack Notification

Set slack webhook settings on OS env, NSchecker sends error message to the slack channel when detecting errors or DNS record changing.

export SLACK_WEBHOOK_URL="webhook url"
export SLACK_FREE_TEXT="<!channel> from AWS lambda" #optional
export SLACK_USERNAME="your user" #optional
export SLACK_CHANNEL="your channel" #optional
export SLACK_ICON_EMOJI=":smile:" #optional
export SLACK_ICON_URL="icon url" #optional

GitHub

https://github.com/ichikaway/aite9